中古車 高価買取 タイミング

中古車の高価買取を期待できるタイミング

中古車の高価買取を目指すのであればタイミングにも気を払うべきです。

 

というのも、中古車の買取価格というのはその時々によって大きく変わってくるからです。

 

例えば中古車の販売価格を見てみると、その価格は一年を通じて大きく変化しています。決算期になると販売価格は安くなりますし、ゴールデンウィークや夏休みなど需要が伸びる時期は価格が高くなってしまうのです。

 

このことを事前に理解しておくと、中古車の高価買取を期待できるタイミングを判断できるようになります。

 

では実際にはどのように判断できるのかというと、ここで考えたいのが、この需要が伸びる時期なのです。需要が伸びる時期であれば業者は大量の在庫を抱えても多くの顧客を相手にして販売できるようになります。

 

100人の顧客に100台の車を販売できたのであれば問題はありませんが、100台の車しかないのに200人の顧客が来ると、本来獲得できたはずの売り上げを逃すことになってしまいます。このことは中古車販売業者に限らず、どのような業界でも絶対に避けなくてはならないこととなります。

 

そのため需要が伸びる時期になる前を狙って買取に出すと、高価買取を期待できるのです。

 

具体的にはゴールデンウィークの1〜2か月前、夏休みや秋の行楽シーズンの1〜2か月前といったタイミングが狙い目となります。

 

その反面、自動車の年式が一年古くなって価値が下がってしまう11〜12月ごろになると買取額は低くなってきますから、特別な事情が無い限り、こうした時期に買い取ってもらうのは避けるようにした方が良いでしょう。